我が町の葬儀

今日は私の町の葬儀について

少しお話を聞いてくださいね。

私の町は山間の静かな所です。

町で白木の祭壇一式をもっております。

葬儀の準備は町内で祭壇を組み

幕をはり、1時間半くらいで

公民館が葬儀会場になってしまいます。

受付係や駐車係も同じ班の方々の

お手伝いによって行われます。

私事ですが、祖父が亡くなった時

やはり町内のみなさんのおかげで

葬儀を終えることができました。

感謝の気持ちでいっぱいでした。

遠くの親戚よりも近くの他人・・・

てきぱきとやってくださったご近所さん。

でも・・・だんだんと町内で葬儀をすると

町内の方々に迷惑がかかると・・・

街中の斎場を使用する家庭も

数件ありました。

これも当然の時代の流れなのでしょうね。

 

ただ…まださきですが私の義父の葬儀は

必ず町内でしてほしいと・・・

町内の公民館の建設に義父が委員長として

携わった為、自分の葬儀は必ずここで・・・

 

まだ・・・数年あとですがね・・・

カテゴリー: 社内Blog — スタッフ 5:56 PM

キャンペーンの企画

 さわやかな日差しの中、バリバリ仕事をこなしてますよ!!(笑い)

皆様は、いかがですか?

 今お盆に向けてのお得なキャンペーンをできないか

企画中です。 

 どんな企画が皆様に興味を持っていただけるか??

いろいろ思案中です。  ご意見、ご希望は、

ホームページからメールください。 お待ちしております。

 次回、お知らせにご期待ください!!!

 

 

カテゴリー: 社内Blog — スタッフ 5:16 PM

蛍のいる景色。

 来週には、日本列島は順番に梅雨入りとなるようで、「そんな季節か」と

はやく過ぎる月日にふと考えてしまいます。

 

 六月に入ってから、根付いた稲の上を淡い光が点滅しながら

ゆっくりと移動していく蛍を見ました。小さい頃は見る機会が多かった

のですが、車に乗っていると見逃してしまいます。しかし、夜に外を歩く

機会があると案外に見つけられるようです。

 去年は、小さな農業用水路の山裾にたくさん飛んでいるのを見つけ

ました。

 その後日、蛍見物の人に群生地がないか場所を聞かれる機会が

あったのですが、地元でも土地の所有者くらいしか意識しない場所

だったこともあり、大きな目印を最初に指差して説明したのだけれど

違うほうに走られてしまいました。自分は歩きで、相手は子供さんも

いる車移動。タイミングが悪く、見つけていた群生地は歩いて15分

くらいのところで「ちょっと案内」するには離れていました。もっと上手く

説明すれば良かったと後悔しきりで、せっかく見に来てくれたのと

思い出しては反省しています。

 自分では、解りやすく案内したつもりなんですが通じなければ

同じですよね。もし、今年もめげずに来ていただけたら走ってでも

案内しようかと思っています。

 穴場と言えば穴場なので、昼間の景色を知らないことには難しいの

かも知れません。 けれど、道路沿いを歩いて景色を眺めてもらえば直ぐに

見つけることが出来る場所なんですよ。

 一時期はもういないんじゃないかと思っていましたが、見る機会を

作らなかったことのほうが原因のようです。

 

 これから約二ヶ月くらいは蛍が飛ぶ夜景を楽しみたいと思います。

カテゴリー: 社内Blog — スタッフ 3:31 PM